2014年10月03日

MovableType→Nucleus

また移動しました。


http://kaigiha.blogspot.com/

http://kaigiha-blog.blogspot.com/




2004年10月03日

ご無沙汰してます。

さて、なんか書こう…と思ったものの、なんかですね、ネタ帖に手抜きコメントを付けて、言いたいことがなくなっちゃうんすね。てか、だんだん両者の使い分けが曖昧になってきてるし。

う〜ん。

2004年08月11日

ほりえもん

ライブドアが奇妙なキャンペーンをやっている…

■ファイティング!?ファインディングほりえもん
http://summer.livedoor.com/finding/
ファインディングほりえもんでファイティング!
応募者の中から抽選で1等が当たると、なんと10万円相当の商品をlivedoor デパートで購入できます。キャンペーン期間中に見つけたほりえもんの数に応じて応募口数が決まるので、たくさん見つけると当選確率もアップ!

応募方法(遊び方)
1. livedoorのサイト内に散らばるほりえもんマークを探そう。
2. ほりえもんマークを見つけたら、迷わずクリックしよう!
3. 中からほりえもんが出現したらラッキー♪当然、はずれもあるよ。
  ほりえもんレアアイテム・・・応募1口
  ゴールドほりえもん・・・応募1口
  シルバーほりえもん・・・5個を集めて応募1口
  はずれ・・・残念。でも諦めずに他のほりえもんマークも探してみてね。
4. まだlivedoorに登録していない方は、応募の際、 新規登録(無料)が必要になります。
livedoor会員でも、応募に必要な情報が不足していると応募が認められません。その場合には、追加情報登録が必要になります。

ほりえもんが隠れているページについては、キャンペーンのお知らせも合わせてご覧ください。たまに、ヒントが出ていることもありますよ。

 ほりえもん=堀江貴文(ライブドア社長)だ。しかし、いくら社長が名前を売ったからって、ここまでやるかねぇ。気持ち悪いったらない。第一、「ゴールドほりえもん」「シルバーほりえもん」って何だよ。バカもやすみやすみ言え。

■この「ファイティング」ってのは、「ファインディング」にかけているんだけど、本当のところは、プロ野球の合併問題に便乗しているだけでしょ?旧態依然としたプロ野球の体質と闘う堀江社長って感じでさ…潜在意識に働きかけて、ある種の洗脳をしているわけだ。

■事実上、閉鎖に追い込まれた「署名で書く記者の『ニュース日記』」の小池氏、こんなこと言ってたね…
さらに言えば、社長の日記をトップページにシルエット入りで紹介しているというのは、一体どういう神経だろうか。
 事態はますます奇妙な方向に向かっている。社長を「ほりえもん」などと言い出し、キャンペーンまで始めてしまった。ここまでいくと、武富士の武井保雄会長みたいだな。神格化されちゃって。いや、外部にも信者がいるという意味では、よりカルト的要素が強い。

■だいたい、この企画を立案した社員はどういう神経をしているのだろうか?そして、「ほりえもん」などとヨイショされてる堀江社長はどういう気分なのだろうか?

■担当者ブログや堀江社長の「社長日記」に「どういう神経してんだ」と題してトラックバックしてやろうかと本気で思ったが、変な奴らが釣れると面倒なのでやめておいた。


◆関連記事
ニュース日記×社長日記


【追記】8月12日 1時ごろ

■…と書いてたら、変なのがたくさん釣れた。「気持ち悪いな」と率直に表明したまでで、たいしたこと書いてないんだけどね。そんなに物議をかもすような内容か?(ボランティア精神の旺盛な方がこのサイトを熱心に「宣伝」してくれてるようだが、そこんとこを冷静に考えるべきだだろう。)いや、逆にそうであるならば、それはそれで光栄なのだが。

■一部には、きちんとコメントを返すべきものもあったが、大抵は「いかにも学生の幼稚なコメント」ってな、それこそ「幼稚なコメント」。めんどくさかったので、すべて削除させてもらった。数名の方には、もうしわけないことをした。

■「社会に出ていないから…」みたいな説教までされてんだよね。私のプロフィールで決め付けられるのはかなわんなぁ…こちとら遊ぶために大学院にいるわけじゃないんでね。「社会人」の先輩方には、もう少し大人になって、「ピースな愛のバイブスでポジティブな感じでお願いしますよ」(笑)。

■これに関する意見があるならば「お便り」をください。


【追記2】8月12日 10時ごろ

■どうやら社長日記にも当ブログのURLが報告されていたらしい。こんな弱小無名ブログの悪口も見逃さずに逐一報告ですか。おかしいやら、薄気味悪いやら…少なくとも、こういったシンパの行動が、イメージダウンにつながっていることは間違いなさそうだ。

■で、なんと、社長本人も我がブログをのぞいてくれたらしく、ブログのコメント欄で自ら言及していた。

■つまり…
「ほりえもん」などとヨイショされてる堀江社長はどういう気分なのだろうか?
…という私の疑問に対する回答と受け取ってよいと思うのだが…
 私が「ほりえもん」といわれて、それが集客や売上利益に結びつくのであれば、どんどん利用されてもかまわないと思っています。私生活は、ほぼなくなってしまいますが経営者としては仕方ないと思っています。
http://journal.seesaa.net/にあるように「持ち上げられて〜」とかありましたけど、商売の役に立たなければむしろやめてほしいですよ。正直。
 Posted by takapon_jp at 2004年08月11日 19:29
 なるほどねぇ、まぁ、こういった回答になるんでしょうね。とにかく、ご多忙の中わざわざおいでくださったのだから、感謝しておこうか。

■でも、これ以降に当サイトへの荒らし行為が始まったのは偶然の一致ですかね?誰かさんのブログが荒れた時の状況に似てるよねぇ(笑)

2004年08月07日

がんばれSeesaa BLOG

■興味のない人にとっては、とてつもなくどうでもいい話をする…ってか、誰も食いつかないだろうが、「備忘録」的に残しとく。

■「 livedoor BLOG 」がいつのまにかHTMLテンプレートの編集ができるようになっていたらしい。かなりショック。。。

実はここ( Seesaa BLOG )に始めるずっと前にアカウントを取得しており、正式にBLOGをやろうと思った時も、どちらにしようか迷ったわけですよ。

広告はどちらもつかないし、容量は30MBで同じ(追記:いつのまにかseesaaはテキスト無制限になっていたらしい)。機能的にもだいたい似たようなもんだった。

Seasaaにした決め手は
@トップページ以外のページに、カスタマイズの自由があった。
Alivedoorには有料サービスがある。
Bライブドアだと「livedoorチェッカーズに追加」なる項目がついてくる(こういうちょっとしたのがどうもね…でも、これも外せるようになったんだよなぁ…)。

Aに関しては若干の説明がいるだろう。有料サービスがあるということは、無料サービスとの差別化が必要となる。となれば、今後、無料サービスにおいて、容量の増大などをする見込みが小さい…と勝手に判断したのである。


■もしかすると、完全に見誤ったのかもしれない。livedoorはでしゃばり社長が名を売ったり、テレビCMをガンガン流したりしている。ギガメーラーなどサービスも充実してきた。いよいよ将来性があるじゃないか。こりゃぁ、ブログでもいいサービスが期待できるんじゃないか…そう思えてくるじゃないか。

■HTMLテンプレートの編集ができるというのは、非常に大きなメリットだ。デザインの自由がきくってのもあるけど(Seasaaの場合、「自由形式」をコンテンツ追加すればある程度は補えるし)、私にとっては、検索エンジンでより強みを発揮できるってのが大きい。たとえば、個別の記事(固定リンク/permanent link)において<title></title>にブログのタイトルが入っていることで(このブログの場合、「懐疑派BLOG ; (記事タイトル)」)スコアが落ちてしまう。あるいは、ブログではh2タグに日付が設定されている場合が多いが、日付で検索してくる人などいないわけで、これは記事タイトルにした方がマシではないだろうか?

■ってなわけで、もはや、私的には、シーサーにいる理由がなくなってきている。いったいどのような優位性を見出せるだろうか。MEMORIZEとかJUGEMからユーザーを取ってくるためにログのインポートとかしているけど、既存のユーザーにとっては、そんなことどうでもいいんだよね。小手先のことばかりやってないで、機能面でもユーザーを魅了して欲しいよ。だから、がんばってください、Seesaa BLOGさん。

■あと、「次の○件表示」ってな感じで、改ページ機能をなんとかしてもらえないだろうか。

■あぁ、そういえば、このデザイン苦情が来てんだよね。環境によってはうまく表示されないみたいで。変えなきゃなぁ…でも、Seasaaのテンプレートを使うのも芸がないし(気に入らないものばかりだし)。HTML編集ができれば、Movable Typeのテンプレートの移植がずいぶんと楽になるのにねぇ…


■BLOGの選択肢で、Movable Typeという手もあったが、無料だと広告がつくサーバーしか利用できないので、あきらめた。

■他にもいろいろためしている(私はケチなので無料は絶対条件!!)…★はあくまでも私の印象。まったく恣意的なものなので、決して参考にはしないこと!!ちなみに、シーサーとライブドアは5つってことで。

■News Handler ★★★★★
 当サイトの裏ブログ(?)が置いているところ。広告はつくけども、容量無制限なので。過去ログなんかを大量に置いてある。工夫さえすれば、検索との相性もよくなる…のかも。まだ使いたてなのでわかりません。ユーザー流出を恐れずに全記事のバックアップをとらせている太っ腹なとこが大好きです(ライブドアやシーサーにそれをする勇気があるだろうか?)。ただ、最近、サーバーが安定しない気が…。


■はてなダイアリー ★★★★
 最初に試した…「生活ノート」(もはや知っている人の方が少ないか…)を書いていた時から併用していた。まぁ、はてなアンテナを利用したついでに試してみたのがきっかけだが。キーワードによって他の日記とつながるため、一定のアクセス数は確保できる。が、逆にそれがうっとうしかったりもした。容量はどうやら無制限。ただし、自由は少なめ。SEO的にはダメっぽい。<title></title>も使えない。サブドメインじゃないから、検索用語がダブった場合、スコアで負けてるとヒットしない(…たぶん)。ヘッダー部分もうざい。

■JUGEM ★★★★(?)
 騒動をおこして信頼が失墜したけど…機能的にはかなりよさげ。容量無制限だし、広告もないし(ある人から指摘をされて気づいたのだが、これは既存ユーザーの場合に限るらしい。新規ユーザーは30MBでちっちゃい広告が入る模様)。ただ、動的生成ですよねぇ…検索との相性はどうなんでしょうか?

■blogger ★★★★
 英語のサイトだけど、それほど敷居は高くないはず。日本語にも対応している。perlやphpなどが使えなくても、blogger側からFTPによって、自分のサイトにBLOGをおけるようになる。コメントに難あり。トラックバックは他のサービスを併用することでできるようになるらしい。カテゴリー分けできない。

■excite ★★★
 広告無し。テキスト無制限。が、テンプレートがいじれないのが痛いし、自由度も低め。

■BLOCKBLOG ★★
 あまり使い込んでいない。機能的にはまずまずな感じだが、ほんとのところはよくわかんない。うえっかわにBLOCKBLOGへのリンクがいくつか付くんだけど、それがどうもいや。

■北国tv ★★
 ほぼ同上。まぁ、機能的には劣ってそう。あとIDが数字って…ダサすぎです。

■GOO ★
 自由がない。

■アルク ★
 語学学習のあれです。さっぱりでした。

■Myprofile ★
 容量が致命的。下っかわに広告らしきものがつく。

■NAVER ★
 最低最悪。「容量無制限」って以外にメリットを見出せなかった。まぁ、「アバター」とかあるし、「あいさつ掲示板」とか「足跡」とかで馴れ合うのが目的ならいいかもしれない。

■他にもいろいろ見たが、広告が目立つのは試さなかった。ってか、逆に、無料で広告無しってどういう仕組みになってんだ?といまさらながら思った。

2004年07月19日

暴れん坊将軍

■「暴れん坊将軍」(テレビ朝日)が再放送しており、なつかしくて、ついつい見てしまった(私はおばあちゃんっ子だったため、よく一緒に見ていた)。徳川吉宗が城下町に出て悪者を成敗するって荒唐無稽な話である。『水戸黄門』同様、将軍(副将軍)がそんなことするかよってツッコミもあるものの、それ以上に、よくもまぁ江戸にたくさんの悪人がいるものだなぁと感心している。

■あらためて思うのは、「暴れん坊将軍」は本当に「暴れん坊」ってことだ。幼い頃から、うすうす気づいていたのだが、将軍様が「暴れる」必要性はまるでないのである。わざわざ自らが「成敗」しなくても、悪事を見つけたら、役人にひっとらえさせればいいはずだ。しかも、上様の主観的な思い込みによって、「成敗」するからたちが悪い。

■悪者の部下などとばっちりもいいところだ。彼らは奉行所などの役人であり、何ら悪いことはしていない。将軍様に刃向かったのも、「上様の名を語る不届き者」と聞かされたからであって、上司の命令を忠実に遂行しているにすぎない。そんな真面目な役人を「成敗」と称して斬り捨てるとはなにごとだろうか?いったい無法者はどっちだと問いたい。

■無実の役人が悪者の部下というだけで、理不尽に「成敗」される。上様に斬られる者は峰打ちだからまだマシだが、お付の物(忍び)は真剣でばっさりといく。つまり、命を奪うのだ。斬られた者らにも、当然、家族がいたはずである。将軍は、コネのある町人の理不尽には耳を傾けるくせに、斬られた無数の役人の命などどうだっていいらしく、その家族へと想像力を働かせる様子もまるでない。

■結局、将軍は暴れたいだけであり、小役人の悪事など自分のモチベーションを高めるものでしかない。江戸の町を荒らし回っているのは、まさにこの「暴れん坊」である。トップがこれじゃぁ、江戸の町に悪事がはびこるはずである。


■そういえば、この極悪将軍、「マツケンサンバ」というふざけた歌を出しており、どういうわけか好評らしい。一刻も早く誰かが成敗すべきだ。

ウェブログ完全ガイド

■もし、当たったら…
Seesaaの「ウェブログ完全ガイド」プレゼントというのに応募してみる。

「もし、当たったら…」などと、思わせぶりなタイトルを付けたわけだが、Seesaaにメリットを還元する力がない…

とりあえず、今まで以上に、ブログしっかり書きます。。。
だから、是非、私にください。



【追記 2004/08/13】

 トラックバックを送信して応募するというものだった。3名が当選というのだが、168名が応募したらしい。
 で、なんと当選。すごい確率。

 「ブログしっかり書きます」と書いた以上、がんばるしかない。


第二I/O編集部 編「ウェブログ完全ガイド―誰でも簡単に、ホームページから日記発信!! I/O別冊」

工学社

このアイテムの詳細を見る

 届いた本の感想…

 BLOGを始める人向けの本。

 ブログとは何か?から始まり、ウェブログサービスの紹介、さらには、MovableTypeやblosxom,Wordpressなど自分で設置する方法なども紹介している。
 しかし、サービス・ツールの比較した一覧表がないのは残念。長所・短所の掲載がないのは致命的だ。このサービスはこういった特色があるが、このような難点がある…ってな感じでさ。

2004年06月30日

ニュース日記×社長日記

 署名で書く記者の「ニュース日記」というサイトをいつも読ませていただいている。共同通信の記者の方が書いているBLOGだ。

 で、そのサイトが今、荒れているのである。きっかけは、編集長の小池新さんが書いた次の内容…

 こんなことを書いたのは、しばらく前から気になっていることがあるからだ。それは、この日記のBlog版が載っているlivedoor Blogというサイトの「社長日記」というコラムだ。(株)ライブドアCEOの堀江という人が毎日書いていて、本人の写真も載っている。内容はといえば「トータルワークアウト」(清原選手や千代大海がやっているフィットネスだろう)をやって筋肉がどうなったの、上海に行って何を食ったの、マッサージがどうの、映画や芝居を見てどうだったのだ。

 もちろん、ご商売のことも書いておられるが、はっきり言って、これこそ「スノッブ」以外の何ものでもないと僕には思える。要するに「成功した青年実業家とは、こういうふうにしているものなんだよ」というやつだ。たしかに、livedoorはBlogで成功しているようだし、僕もこうした新しいメディアが広がってほしいとは思う。が、そのこととこのことは全く別だ。いかに商売がうまくいっているといっても、この程度の内容を載せて、結果的に若い人たちをだまくらかすのはちょっとどうかと思う。さらに言えば、社長の日記をトップページにシルエット入りで紹介しているというのは、一体どういう神経だろうか。

 ちょっと言いすぎたかもしれないが、こういうのが鼻持ちならないというやつだ。読んでいる人たちにはぜひ言いたい。こんなのにだまくらかされていてはいけない!
 私には特に異論はないのだが、「一体どういう神経だろうか」「だまくらかされていてはいけない」などキツイ表現のために、反感をかっているようだ。

 個人が書いたとしても別に問題にはならないのだろうが、「共同通信編集長」という「署名で書く」ために(マスコミであるがゆえに批判されている部分が強いように思える)、思わぬ方向に行くこととなる。

 批判されていることを聞きつけて、堀江貴文という「カリスマ社長」が、すぐにlivedoor 社長日記で取り上げた…

 このblogへのコメントで「署名で書く記者の云々」というblogで私の日記のことが書かれているらしく見に行ってみる。なんか鼻持ちならない人間らしい>自分。こんなこと言われたのはじめてかも。感動。もっと感動したのはスノッブだといわれたこと。

 ちょっとまじめに書くと、飯もワークアウトも映画も芝居もインターネットというビジネスに紐つけることで全部仕事になるんだけどね。結局自分で楽しいと思うこと、それをどう皆に伝えていけるか、もっとリーズナブルに楽しめるようにできるか、でも大衆的なものではなくちょっと満足感を持てるようにできるか。色々考えてるのですよ・・・。自分で面白いとか興味がもてる事でないと、結局良い仕事できないからね。
ひとつのことをじっくりってのが向いてない性格かも知れないけど。

なんか、騙してるかなあ>自分。
私の本を見てもらえれば、平均以上の人だったら、間違いなく誰でも同じように真似できると思いますよ。その言葉を信じれるかどうかですけどね。まあ運が悪ければ失敗するけど、再挑戦できるから。平均以下だと思ってる人でも一生懸命やれば確率は飛躍的に上がりますよ。
 「なんか、騙してるかなあ」ときたもんだ。この「ピュア」な文章によって、一気に小池さんが悪者になり、シンパが攻撃を始めたのである(どうもこの社長には熱心なシンパがいるらしい)。信者の一部が、攻撃を呼びかけ、一気に「署名で書く」は荒れることとなった。

 社長が紹介したのをきっかけに、誹謗中傷がたくさん寄せられることとなった。一番面喰ったのは小池さんだろう。

 この「カリスマ社長」にとっては「してやったり」だろうか。荒れているのを見て、「ざまぁみろ!」とばかりにこんなことを書いている。

署名で書く記者の云々は私が紹介したおかげで結構話題を振りまいているようだ。blogの良いところは本音がフィルタをかけずに気軽に書けるところだね。

 自分が仕組んでおいてよく言えたものである。「私が紹介したおかげ」だってさ。信者たちの暴走を止めるどころか、「blogの良いところは本音がフィルタをかけずに気軽に書けるところ」と荒らしを煽動してるもんだから恐れ入る。


 小池さんは次のように言っている。

法令に違反しない限りは何を書いても自由だし、それがwebの魅力だろう。ただ、逆に当然だが、web上の文章もまた、書いた人間を表す。「文章は人」だからだ。長い(ただ長いだけだが)記者経験から、僕にはそれが分かる。だから、この「社長日記」の文章を読めば、この堀江というlivedoorの社長さんの人間が読める。人間は、どんなに背伸びをしても、正体を隠そうとしたとしても、しょせん、その人間以上の文章は書けないのだ。


 誹謗中傷を見て気分をよくしたのか、「blogの良いところは本音がフィルタをかけずに気軽に書けるところだね。」と言ってのける社長…まさに「文章は人」ということなのだろう。


 「カリスマ社長」は「なんか鼻持ちならない人間らしい>自分。こんなこと言われたのはじめてかも。」とおっしゃっている。

 三省堂の大辞林によれば、「鼻持ちならない」とは「臭気がはなはだしくて耐えられない。転じて、言動や様子などが嫌味で、見聞きするに耐えない」という意味である。

 「私の本を見てもらえれば」と社長はおっしゃるわけだが、最新刊は「100億稼ぐ仕事術」というそうだ。ご丁寧にも、「なんか鼻持ちならない人間らしい>自分。こんなこと言われたのはじめてかも。」と言っている真上に、「100億稼ぐ」の広告バナーが出ているから笑わせる。「堀江貴文(株式会社ライブドアCEO)が明かすその仕事術!!」だとさ。


 「鼻持ちならない」って言われたことないですか…
 では、「裸の王様」に、わたくしめが愛を込めて進言いたしましょう。

 社長様、あなた様は、絵に描いたような「鼻持ちならない人間」でございます。


【追記】
■ライブドアが近鉄バファローズを買収するというニュースが流れた。タダでこれだけの宣伝効果を得るとは…「100憶稼ぐ」と言うだけのことはある。

■正確に言えば、小池さんの書いていることに違和感を感じなかったわけではない。だけど、あまりにもバッシングが醜くかったからね。社長さんをおちょくってみました。

■ってか匿名で批判してないで、トラックバックすればいいのにと思う。どうせlivedoor Blog使ってんでしょ?

懐疑派ブログ。

祝★オープン記念日。
って、別にめでたくもないが。


…ついにうちもブログにしました。
とりあえず、トップページをこっちにしようと思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。